2014年7月7日月曜日

施餓鬼会

まだまだ梅雨空の続く毎日、関東圏でも早いところは来週からお盆に入る

そのお盆を前にして私の家の菩提寺では
開祖の記主忌と併せて施餓鬼会というのをいっしょに執り行う
今年はその7月6日がちょうど日曜日に当たり
各お檀家が一堂に会し法要が営まれた

毎年、新盆にあたるお檀家から供されたお米で炊いたお食事を頂き
本堂に集まり読経供養の前に持ち回りで近郊のお寺から
毎年違うお寺の住職が法話をしてくださる

死後、迷わずにあの世へ導いていただけるように
「南無阿弥陀仏」(あ!うちは浄土宗という宗派なので・・・)を常日頃
お唱えするようにとの悟しをくださる。死後のことなので
ほんとうにそういうことなのか定かではないが

ある意味自分の中にいつもそういう救いがあるということは
いいことなのかもしれないとも・・・・思う

難しいことはさておき、しばらく会っていない人たちに会えて
無事を確認できる場であることは間違いない。

食事を頂いて法要までのつかの間、そうした人たちと会話し
庭園を眺めながら過ごす時間もたまにはいいもの

その庭園の隅にある池にメダカと金魚とザリガニを見つけて
メダカにも和と洋がいることを知ったのも
またありがたいこと?かな

来週は、またお盆で里帰り

ちょっと忙しい夏の始まり
よーく見ないとわからない、ちっちゃいメダカ

いた!ザリガニ


2014年7月4日金曜日

雨の中のネジバナ

この季節になると芝生などに一斉に顔をのぞかせる可憐な花、ネジバナ。
ラン科ネジバナ属、別名モジズリというらしい。
その名の通りきれいならせん状の花をつけていてとてもかわいらしい。
昌造園のけやきの大木の足元にも今年、たった1輪咲いたのを見つけた。
緑のタマリュウに映える。来年はもっとたくさん咲くかな?
ピンクのネジバナ左巻き
さてさて、昌造園にはホームページに掲載以外の商品もたくさんあります。
今日はこのけやきのすぐ横に置いてある多胡灯籠をご紹介します。
材質は砂岩で非常に脆い特徴があります。
けれど、小ぶりながらその風情は存在感を示しているような気がします。
サイズは大大、大、中、小とありコンパクトなお庭にも風情醸し出してくれます。
お値段は小6,000円・中9,430円・大12,000円・大大14,480円(各、税別)。
多胡灯籠 小

多胡灯籠 大