2009年11月12日木曜日

はじめまして

はじめまして、4月から入りました鈴木です、
来年また、樟陽高校から新しく入ってくるらしいので
頑張りたいと思います、

これからも宜しくお願いします。

2009年11月7日土曜日

お店の庭にも秋

食欲の秋、読書の秋、いろいろですが・・・・
みなさま元気でお過ごしですか?

朝晩だいぶ寒くなって、紅葉も進んでいますね。昌造園の庭のけやきも赤くきれいに色づき
毎朝の落ち葉掃きがけっこう大変です。
でも、ゴミ箱いっぱいになった落ち葉を見ると楽しくなります。


これで焼き芋でもしたいな~
muraki




2009年10月16日金曜日

祭りだ!祭り!!

だいぶ秋らしくなって参りました



ど~も 小川です




先日 会社の側にあります。橘神社のお祭りに参加してきました。

今回でお声をかけていただいて2回目となります!!

自分の地元には神輿を担ぐというのがないので、盛り上がって出発!



しかし 担ぐと


肩が痛っ!!!


足腰がガクガクッ!!!

                                                                                                   イタタッ!!なんです!!     



でも、なんか楽しくて、またやってみたいなぁ!って思っちゃいますねぇ


歴史ある神社のお祭りに参加できたこと すごいよかったです!









橘神社の歴史




日本武尊の東征の際、相模から上総へ渡ろうとしたときに海上で暴風に遭い、弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救ったことから、日本武尊が弟橘媛の御陵を作り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えて祀ったのに始まると伝える。 古事記に「七日の後、その后の櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて御陵を作り治め置きき」 とあるのが当社のことであるという。また日本書紀では、「さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して「こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう」と言われた。……こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦(鴨川市吉浦)を廻り玉浦(九十九里浜)を横切って蝦夷の支配地に入られた。」とあり、この時祀られたのが由来とされる。
国史の初見は、『日本三代実録元慶元年(877年)5月17日条、従五位勲五等の橘樹神に正五位下の神階を授けるという記述である。元慶8年(884年)7月15日、正五位上の神階が授けられ、日本武尊・忍山宿禰が合祀された。延喜式神名帳には「上総国長柄郡 橘神社」として記載され、小社に列している。

2009年10月8日木曜日

台風18号、メーローさん通過!



いまから50年前の伊勢湾台風と同等クラスといわれる台風、メーローが通り過ぎていきました。


まだ北上を続けているようですが、各地にさまざまな爪あとを残しています。


みなさん大事はなかったですか?


昌造園の庭にある、おおきなケヤキが折れはしないかと少し心配でしたが


無事でした。写真は、まだ台風の風に揺れているケヤキの写真です。


あまりわからないかな・・・・


気がつけばもう10月ですね~ 梅雨らしくない梅雨が過ぎ、夏らしくない夏が過ぎ・・・


梅雨で思い出しましたが、今年も梅雨明けに梅干をつけてみました。毎年、形だけは

梅干なのですが、皮があまり柔らかくならないのです。

だれかいいこつを教えていただけませんか?



今は、日本酒にくぐらせてビンに入って冷蔵庫で休んでいます。

1年くらい我慢しようと、楽しみに待っている状態です。

もうじき、紅葉シーズン到来ですね。

どこか、紅葉狩りに行きた~い。

一番行きたいのは、京都・奈良。

やっぱりいいですよね。

老舗旅館に泊まって。南禅寺のお豆腐、おばんざい・・・・・・

村木でした。

















2009年6月10日水曜日

この仕事を始めて・・・

私は、この仕事を始めて、2回骨折を経験しました。

最近は落ち着いて仕事をするようになり、ケガをすることは

なくなりましたが、また、違う意味で「骨が折れる」と、よく言われます。

関 で・し・た

2009年4月10日金曜日

グルメリポート

 この前、白子町の「北海」という店で食べた醤油ラーメンは、素朴なおいしさがあった。冷奴を、
同時に注文し、まずは、醤油ラーメンそのままの味を堪能する。半分ほど、食べたところで、冷奴にかかっているネギとかつおぶしをラーメンの中にいれ、また、別の味を堪能する。途中ちびちびと冷奴も食すが、醤油ラーメンを食べ終わった後に、何もかかってない状態になった冷奴をたいらげて、「はい、ごちそうさま。」 以上、鈴木の素朴なグルメリポートでした。

2009年3月14日土曜日

振り回されております

3月も半ば 皆様いかがお過ごしでしょうか?
どーも 小川です
最近 天気悪いですねー
こーも 雨ばかりだと 気も滅入ってしまいますし 体にも堪えますね

晴れた時に ここぞ!!!とやりたいことを 
あっちに手をつけ こっちに手をつけ 自分で苦しめて
大変にしてしまっておる次第でございます
 

皆様 お外に出かけるときには こまめに天気予報を確認し 
左右も確認して いってらっしゃいませ

2009年2月18日水曜日

実践が一番の教科書?

最近、個人庭園と違う仕事を他の造園業のところへ

手伝いに行ってます。

少し、本で見たり、他の人がやっているのを

見たことはありましたが、やはり自分が

少しでも実践でやるのが一番の教科書だと思いました。

by Takahashi,

2009年1月29日木曜日

牛も一本道を一生懸命歩いていたら

「生」という字になる。

寒さで体が硬くなりがちなので、ケガに気をつけましょうね。

いずれ、また。

by 石渡

2009年1月10日土曜日

平成21年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
ブログで念頭のご挨拶をさせていただくことはいかがなことかと思いますが、
ブログを閲覧してくださる方が多いと聞きましたので
初めて、書き込みを致します。

さて、最初から暗い話になってしまいますが、まずわれわれ造園業界は、
特に官需依存の業者は、大変厳しい年になりそうな気配です。
理由は、皆様も十分にご存じだとは思いますが・・・・・
今、生き残っている業者は、官需依存から、民需依存へと、もう
何年も前から手を打ってきた業者です。従いまして民需の全体的パイが
足りなくなって来つつあります。皆さんが取り合いしますから、
材料は値上がっているのに、単価は据え置き、人件費も据え置き、または
減額と、正に民需を舞台に激しい仕事の争奪戦の様相を呈しております。
この中で、生き残っていくものは本物だけです。

うわべだけのホームページ制作をしたり、中身を大きく見せたりする
実体のない業者は、この2、3年で消えてなくなるでしょう。

本当に生き残りたかったら、基本に戻って、造園の「一」から学び直すことです。
また、知識も技術も一緒に学び直すことです。
今のお客様は利口です。口先だけの能書きはすぐに見抜きます。
造園を志す人は、お客様以上の学び・体験をしなければなりません。

考えてみれば、造園業が一番華やかだったのは、明治・大正時代だったかもしれません。
しかし、私たちは今、この厳しい時代の中、造園を後世の人々に伝えていかなければなりません。
仕事がないと嘆いていないで、探し・作るのです。
そして、少しでも後進の若い連中に、知識・技術を伝えていく必要があります。

但し、くれぐれも「本物、且つ生きている知識」であることを、お願いします。

今年一年、造園業界みな一緒にがんばって参りましょう。

少々・・・かなり、辛口ではありますが、これにてご挨拶とさせていただきます。
皆様の、ご健康とご活躍を祈念しております。

昌造園 代表 飯高孝一