2008年12月22日月曜日

平成20年、年の瀬

<かどまつ製作の様子>

今 年も数日を残すところとなりました。年末に来て円高、雇用不安、様々な業種・業態に暗い影を落としていますが、新しい年を迎えることに変わりはありませ ん。せめて気持ちだけでも鼓舞して、元気に年を越したいと願います。そして、来年は日本中が、世界中が明るい社会に復活することを祈り、今回は我が社のか どまつ製作風景の一部をおとどけします。      
それから、最近、ホームページのいちコーナーに「がらくた市」と称して、在庫処分品の通販サ イトを開設いたしました。通常の販売商品とは異なり、カートシ ステムによるお買い物ができ す。まだ、扱い商品数は多くありませんが、今後の展開やいか に・・・・いちど覗いてみてください。今年、一年お世話になった皆様に感謝して、残りの2008年を大切に過ごしたいと思います。

余談ですが、最近また、玄米食にはまっています。至極おなかの調子が良好です。間食も減りました。カレーにチャーハンいろいろな食べ方で楽しんでいます。おかずが少なくてももの足らなさはかんじません。圧力鍋でおいしく炊けます。お薦めです。




      


ドラム缶の廻りにわらをまいて、山砂を詰めて竹をたてます。
          






      







完成です!





皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

By Muraki,

2008年12月9日火曜日

社員旅行〜飛騨高山


11月16日〜17日

朝、4:00a.m.出発のバスでほぼ9時間、昼12:00p.m.に五箇山に着きました。
早朝の疲れも忘れさせてくれるような雄大な風景。
さまざまな表情を見せる豊かな自然に感謝!!!!!!

江戸時代から姿を変えず、今も、当時のままで人々が暮らしている。
人々の生きる知恵が生んだ発明、合掌造りは、まるで古の時代に迷い込んだ感じでした。

時間に追われる日々の生活を忘れさせてくれるような、どこか、懐かしい風景。
野の花、小鳥のさえずり。住んでいる人々の温かい笑顔。いつしか心をほっとさせてくれる。
元気を与えてくれました。

「結いの心が息づく合掌造り」
人の手なしには、維持できない、合掌の家々が並ぶこの地には、助け合い・支え合う心、
人と人とを結び合う絆が「結」という言葉と共に生き続けているそうです。
私たちにも、結びつく言葉ですね。

今回、旅行の幹事を務めた若菜さん。風邪をこじらせ、熱がある中、旅行を最後まで無事に導いてくれたことを感謝すると共に、ご苦労様でしたと申し上げます。

最後に、写真は今回宿泊した、高山グリーンホテルのエントランスにてです。
by Nakai,